背中脱毛後の赤みや肌荒れの原因と対策

背中脱毛をしたあとに赤みや肌荒れ、ちくちくした感じを経験したことがある方もおられるのではないでしょうか。また、ポツポツやブツができることもありますが、ここではこうした現象が起きてしまう原因とその対策についてお話します。背中脱毛後の赤みや肌荒れの経験がある方はしっかり目を通して参考にしてくださいね。

 

赤みや肌荒れ・ちくちくの原因

まずはこれらの原因からお話しますが、こうした症状が出るのは基本的に除毛クリームやシェーバーを使って処理したときです。日頃からムダ毛の処理に除毛クリームやシェーバーを使っているという方は多いと思いますが、それが原因で赤みや肌荒れ、ちくちくの原因となっているのです。

 

除毛クリームは肌への刺激が強い成分が含まれていますから、それによって肌あれやポツポツ、ブツブツができることもあります。シェーバーでも同じような症状が出ますが、これはシェーバーによって肌に傷がついているのです。目には見えないかもしれませんが、シェーバーは刃物ですから肌に負担を与えているのですよ。

 

ワックスでも肌トラブルの原因に

最近注目を集めているムダ毛処理アイテムの一つがワックスですが、このワックスもちくちくやポツポツ、ブツブツの原因になってしまうことがあります。ワックスを使った処理というのは毛根からムダ毛を引き抜くことになるため毛穴が開いてしまいます。

 

この状態でも肌に違和感を感じてしまいますし、毛穴が開いている状態だと雑菌やばい菌が侵入しやすくなってしまうというリスクもあります。最近だとモデルや女優、アイドルもワックスを使って処理していると公言しているため人気が高い方法ですが、それなりのリスクがあるということもしっかり理解したうえで使用してほしいですね。また、処理後にはきちんと対策をしなくてはなりません。

 

対策について

背中脱毛後のポツポツや肌あれの対策ですが、除毛クリームが原因の場合には肌が弱い証拠ですから製品選びからやり直すべきです。肌に合っていないのですから、もっと低刺激のクリームをチョイスするべきでしょう。もしくはクリームの使用そのものを一度やめてみるのもイイかもしれません。

 

シェーバーが原因のときは処理をする前にしっかりとシェービングフォームなどを使って滑りやすい状態にしておくことが重要です。間違ってもそのまま処理するような真似はやめましょう。また、処理したあとにはきちんとボディクリームなどを塗って肌のケアを行うことも大切です。ワックスも同じように施術後の肌ケアがものを言います。

 

脱毛サロンなら安心の施術

自分で背中のムダ毛を処理したらぶつぶつができたり肌あれになってしまった、という方は少なくありません。処理するたびにそのような経験をするのは嫌ですよね。確実かつ安全に背中の脱毛をしたいのなら脱毛サロンを利用するのも選択肢の一つです。プロの技術者が丁寧に施術を行ってくれますから安心ですよ。